NEWS

【最終回】占星術(ホロスコープ)の先生はどんな人?Part4
TIME : 2020.07.20Category : , ,

 

カルナカララの占星術鑑定士、ダスンさんの紹介記事シリーズPart4 。最終回なのでボリューム多めです!

 

Part1~3では、ダスンさんの普通ではないプロフィールとスリランカ伝統の占星術の考え方についてご紹介しました。
まだ読んでない方はこちらから。

Part1はこちらから

Part2はこちらから

Part3はこちらから

 

 

=====================================

~目次~

ダスンさんインタビュー Part1 
 1. 最初にちょっとびっくりエピソードから

ダスンさんインタビュー Part2
 2. ダスンさんのプロフィールは?
 3. どんな家系に生まれたの?

ダスンさんインタビュー Part3
 4. スリランカでは結婚相手を決めるのは占星術!

ダスンさんインタビュー Part4 ←この記事はこちら!
 5. 占星術はどのタイミングで受けるのがいい?

 6. 嫌な鑑定結果がでたらどうしたらいい?

=====================================

 

 

5. 占星術はどのタイミングで受けるのがいい?

 

前の記事では、占星術ではパートナーシップだけでなく、宿命や天職も分かるというところまで
ダスンさんのお話をご紹介しました。

その続きです。

 

====

 

ダスンさん。

努力が実りやすい時期とか、相性の良い相手と出会いやすい時期とか、
そういうタイミングってホロスコープから分かりますか?

「いつか夢がかなう」じゃなくて、「何年後にかなう」みたいな具体的な数字。

 

『うん、分かるよ。

ホロスコープには、健康、頭脳、ビジネス、家族関係・・・といくつもカテゴリーがあって、
それぞれのカテゴリーごとにノッてる時期と、低迷する時期がある。

数カ月とか数年とか、スパンはバラバラなんだけど、切替のタイミングは明確なんだ。

 

ビジネスが低迷しやすい時には新しい会社を立ち上げるべきではないし、
もし1年後にビジネス運が良くなるなら、そこまで待った方が絶対に良い結果が出るんだ。

 

だから、ホロスコープの鑑定は「行動を起こす前に」受けるべき。

問題を解決するためじゃなくて、一番うまくいく選択をするために、受けるんだ。』

 

すごい納得。

占星術は、悩みを聞いてもらうとかカウンセリング的な占いじゃなくて、選択するための材料を教えてもらうということですね。

 

『そういうこと。何かを決めるときに感情や個人の事情で考えずに、宇宙から教えてもらうんだ。

 

ビジネスの他にも、もう一つ例を挙げていただけますか?

 

『じゃあ、縁談。

家族関係の運がいまひとつな時期に、縁談が持ち込まれるとするでしょ。

そういうときは断るか、慎重に考えないといけない。
もし結婚することに決めたなら、双方の結婚運が良くなる時まで待って夫婦になるべきなんだ。』

 

『それから、家族関係の運が良くないときは、既に成立している家族でもトラブルが起きやすい。
それは誰かの健康問題かもしれないし、すれ違いとか、言い争いとか、いろいろ起きる。

だから、ホロスコープであらかじめその時期を知っておいて、
謙虚になり、よく話し合い、丁寧にひとつひとつの問題に対応していくように心掛けるんだ。』

 

 

運気が低迷すること自体は、変えられないの?

 

変えられない。良い傾向、悪い傾向を知って、その可能性に対して対策するだけ。

それに、ひとつのカテゴリが低迷していても、べつのカテゴリが良かったりするんだ。

そしたらその人は運気の良い分野で頑張って、悪い分野からあまりダメージを受けないような生き方をするんだ。

例えば君の場合は・・・』

 

ダスンさん、また私の例を出しますか。笑

これインタビューなので、詳細はほどほどでお願いしますね。

 

『(お構いなし)うん。君は今、健康の分野が良くない。

むこう5年は大腸、婦人科系、下腹付近に大きなトラブルが起きやすいし、体力的に無理がきかない時期。

その代わり、ビジネスの分野が良い。最高に良い。何をやっても成功して豊かになれるよ。

 

だから、今は頭脳労働に徹してビジネスを展開して、身体は休める時期。

肉体的な活動は何をやっても上手くいかないし、病気になったら症状が重くなる。』

 

何をやっても成功するって、怪しい占い師みたいなこと言いますね!

5年も体を休めるなんて考えられないなぁ。

 

『いや、休められる。なぜなら休む時期だから。

いま無理をしたら、この先の人生ずっと続くような問題が起きるかもしれない。

辛抱して5年待てば、健康運が良くなって、すべての健康問題が解決して、体力もばっちり戻るよ。

そしたら、今やりたいと思ってることをどんどんやっていけばいいじゃない。

出産も望むなら5年後がベスト。5年後ならお産がスムーズで、すごい元気な赤ちゃんが生まれるよ。

まとめると、君は今から5年間ビジネスをして豊かになって、5年後に母親になる。』

 

勝手にまとめましたね。

5年後って、年齢的にはアラフォーで今より体力が落ちるから出産も心配ですけど。

 

『いや、今よりずっと元気で、肉体的に充実しているよ。健康運は若いほど良いって訳じゃないんだ。

現に自分のことを考えてごらん。過去7年くらい、体調良くないでしょう』

 

う・・

実はちょうど7年前に体調をガタガタに崩して、そこからアーユルヴェーダを学んで復活したものの、まだパーフェクトとは言えなくて。

 

『ホロスコープにそう書いてあるよ。でも心配いらない。5年後には、パーフェクトって実感するくらい元気になるからね。』

 

そうですか。じゃあ、5年後、楽しみにしてます。

ちなみに私、いま特に病気はありません。

 

『なりやすいことに変わりないから、重々注意すること。』

 

はい。

 

 

・・・ということで、『5. 占星術はどのタイミングで受けるのがいい?』の結論は、

『行動する前に』『選択するために受ける』が正解!でした。

 

 

 

 

そしてここからは、鑑定を受ける際に必ずついてまわる、ある疑問についてお話していきます。

 


 

 

 

 

6. 嫌な鑑定結果がでたらどうしたらいい?

 

 

Part4の記事で、

・占星術における結婚の相性は『パーフェクトであるべき』という考え方

・スリランカ人は占星術の鑑定結果を尊重してパートナーを選び、結婚の時期も占星術で決める

というダスンさんのお話をご紹介しました。

 

 

しかしインタビュアーの田中はこの話を聞きながら、心の中で思っていたのです。

『そうはいっても、みんながみんな鑑定結果に従うわけじゃないでしょう』と。

 

もちろん、両親や祖父母を敬うスリランカだから、親がダメといったらダメかもしれません。

でも例えば、ホロスコープで相性が良いと分かっている適齢期のカップルに、
鑑定士が『あと3年待て』と言ったら3年待てるのかな?と。

今どきの若い人たちは占星術をどう捉えているんだろうと気になったのでした。

 

 

◆裏付けをとってみました!

 

そこで、カルナカララリゾートの新婚スタッフ、ニシャンに聞いてみました。

 

―ニシャン、去年結婚したよね。結婚するときにホロスコープ受けた?

『もちろん受けたよ!

付き合って何年か経った時、僕たちの親が、アストロジャン(占星術師)にホロスコープ鑑定を依頼したんだ。
ドキドキしたけど、良い結果だったからすごく安心した。

そのあとすぐに婚約したけど、アストロジャンに結婚するのは2年待てと言われたんだ。
だからその間、彼女と一緒にたくさんお寺にお参りに行ったり、寄付や色んな奉仕活動をしながら待って、やっと去年夫婦になったんだよ。』

―2年も待つの嫌じゃなかった?


『本当はすぐ結婚したいと思ってた。僕は小さいころに父親が亡くなったから早くお母さんを安心させたかったし、奥さんも適齢期だから。

でも夫婦関係も出産も一番良い結果になって欲しかったから、僕たちは待ったんだよ』

 

・ ・ ・

 

身近な若者の、ズバリ、ダスンさんの話を裏付けする回答でした。

 

Karunakarala Resortの受付3人組。向かって左がニシャンです。

 


 

話は戻り、ダスンさんとのインタビューの続きです。

 

===

 

ダスンさん、ホロスコープの鑑定結果は、願望通りじゃないことも多いですよね。

仕事の向き不向きとか。
過去の選択がベストじゃなくて、今、良くない結果にはまってるというケースもあるでしょうし。

そういう時は、どうしたらいいですか?

 

『そういう時は、運が足りないところとか、自分の能力が足りないところをできるだけ補うんだ。

運の良い分野にフォーカスして、運が悪い分野のダメージを減らすとかね。

 

例えば、ある人が自分のビジネスを起こしたいとするでしょ。
でもその人のホロスコープを見ると、ビジネスの能力が足りなかったりする。
頭脳が足りなかったり、飽きっぽかったり、コミュニケーションが苦手だったり。

そういう人は、ホロスコープを更によくみていくと「人間関係」に良い星がついていたりするんだ。

つまり、頭の良い人、才能のある人と友達になれる。誰かがビジネスの縁を持ってくる。いつも誰かが助けてくれるって風にね。

その人自身には能力がなくても、人間関係の運を活かすという道がある。

だから、この人の場合は、一人でやろうとせず仲間を作るのが運をカバーするポイントってこと。』

 

いいですね。自分の苦手分野と、強みが分かるのって。

 

人間関係はどう?
パーフェクトマッチじゃないけど一緒にいたい場合、カバーできるの?

『その話だとまた君の例になるんだけど』

はい。でも気になるので。笑

『君の場合、占星術的な性別で言うと、男女じゃなくて同性同士で結婚したって言ったでしょ。
だから、男女の愛じゃなくて、友達とか兄弟みたいな関係になった』

そういう実感あります。兄弟というのはしっくりくる。
付き合っているときから、愛は愛でも、初めから家族愛みたいな。

 

『それは夫婦関係として見たらパーフェクトマッチじゃないんだけど、

君たち二人は、これからも兄弟みたいに一緒に支え合って生きていく関係ってこと』

 

夫婦じゃなくて、二人の人間の相性としてみたら、悪くない?

 

『悪くない、良い。二人は支え合う関係。

旦那さんの行動は、君の助けがあってこそ上手くいくし、

特にビジネスに関しては、君が常に関わり助けることが成功の秘訣』


(最初の印象より良い話だ!)

 

『だけど君には「頭にドラゴンヘッド問題」があるでしょう。(※Part1参照)

考えや気分がコロコロ変わりやすい傾向がある。これはパートナーシップを邪魔するから、君の取り組むべき課題。

その点、旦那さんは整ってる。彼は精神的に混乱していない。』

 

そう。すごい穏やかです。

 

『旦那さんは、君のドラゴンヘッドの部分、つまり気分屋なところは本質的に理解ができないよ。

自分が持ってない要素だから、受け入れるのが難しいし、この要素に触れ続けるのは彼にとって負担になる。

だから君は、彼を混乱させないように、

瞑想すること。ヨガをすること。スピリチュアルな鍛錬に励むこと。

 

君はもともとスピリチュアルな鍛錬にすごく興味があるでしょう。もっと本気で取り組みなさい。

ホロスコープ的に知性とスピリチュアリティの分野に優れているから、励んで習得すること。

頭にドラゴンヘッド問題は、今後も常に君と共にあるから、常に鍛錬して抑えるしかないんだ』

 

頭にドラゴンヘッド問題は、『鍛錬すれば治る』ものじゃないんですか。

 

『治らない。これは、君のカルマ。

こうやって生まれついたんだから、それに対して努力して、補って生きていく。

前世からの因果と思ったらいいよ。みんなそういうものが何かしらある』

 

 

そうですか。

私の場合は、そのカバーする方法が、瞑想、ヨガ、スピリチュアルな鍛錬。

 

『そう。君がアーユルヴェーダに興味を持ったのも、その流れだね』

 

分かりました。

嬉しいばかりの鑑定結果じゃなかったけど、
自分の傾向と、変えられないカルマ、それからそれを補う方法を聞けて、納得しました。

これからの5年でビジネスで豊かになれるかどうかは、また経過報告します。

 

『その件だけど、君のビジネスは
スリランカの観光業と、僕のホロスコープ鑑定のプロモーションを手がけたら成功するよ』

 

いやいやダスンさんのプロモーションは、この後ブログに書くだけですよ。

それも個人的興味から記事にするだけです。

しかも、わたし鑑定料を納めてるからビジネス成功してるのはダスンさんじゃないですか。

 

とにかく、とても充実した時間でした!どうもありがとうございました✨

これからやってくる日本人のお客さんたちにも、有益な鑑定をたくさんしてあげてくださいね。

どうぞよろしくお願いします!

 

 

==============================

⭐鑑定書がつきます⭐
ダスンさんのホロスコープ鑑定は、

後日シンハラ語の手書き鑑定書のスキャンをお渡しします。
(記念にお渡しするものなので、和訳はつきません)

==============================

 

▶▶▶ダスンさんのホロスコープ鑑定が受けられるオンラインリトリートはこちらから