NEWS

開催報告✨ドクターと行くアーユルヴェーダ1日リトリート@鎌倉
TIME : 2019.05.22Category :

開催報告✨ドクターと行くアーユルヴェーダ1日リトリート@鎌倉




海風が薫る由比ガ浜にて開催しました!パーリタ先生と過ごす1日アーユルヴェーダリトリート@鎌倉。


当日は朝からお天気もすばらしく、青い空と太陽で元気ハツラツな一日がはじまります☀

鎌倉駅から由比ガ浜まで歩いて向かう途中、江ノ電の小さな踏切を超えるのも楽しくてさっそく記念撮影🚋




今回のリトリート会場は、由比ガ浜徒歩1分の立地にあるスペース『Another World鎌倉・由比ガ浜』。

モダンなゲストハウスの併設ヨガスタジオで、充実した設備と緑の庭が美しいロケーションです。


今回はこのスタジオで緑の風を感じながら、スリランカ人アーユルヴェーダドクターのパーリタ・セラシンハ先生と一緒にアーユルヴェーダの学びを深めました。



~一日のスケジュール~

午前中はしっかり頭を使うワークショップ。

📖アーユルヴェーダの体質(プラクルティ)
📖体質をつくるワータ・ピッタ・カパという3つの生命エネルギー

について
ドクターが丁寧に、概念や用語を一つひとつ詳しく説明していきます。

体質の概念を理解した後は、
ドクターの脈チェックでご自身の体質がどのようなエネルギー構成(バランス)になっているかを確認します。


アーユルヴェーダドクターの脈チェックでは

・プラクリティ(生まれ持った本質的なエネルギーバランス)

・ヴィクリティ(生活環境や習慣で作り上げられた、現在のエネルギーバランス)

どちらも診てもらうことができます。



プラクリティとヴィクリティは、その構成(3つのエネルギーのバランス)が一致していると健康を保ちやすく、

逆に、バランスが大きく異なると、そのギャップが不調や病気を招くというのがアーユルヴェーダの考え方。

なので、ギャップがある場合は、増えすぎたエネルギーを鎮静する方法を知り、実践することが大切なのです。

 


増えすぎたエネルギーをセルフケアで鎮静するキーワードは

・食事

・睡眠

・運動

・瞑想

の4本柱。


今回のワークショップでは、
ご自身のプラクルティをふまえて『食事』に特化したワークシートを作りながら、生まれ持ったエネルギーバランスを乱さない=プラクルティとヴィクリティのギャップを作らないための食卓を考えました。



そしてお昼ご飯はこちら!



ブリンと身のしまったカジキに、消化を助けるシトラスフルーツが添えられたおさかなランチ。

ボリュームは軽めでしたが、味わって楽しくおしゃべりしながらいただいたので
お腹もこころも満たされて皆笑顔✨


午前中にしっかり使った頭に栄養補給をして、午後の部がスタートします。



午後は『サットサンガ』というお話会と、心身統一のための瞑想の時間。

偶然にもこの日はスリランカでも重要な祝日『ウェサック祭』の満月。
お釈迦様の生誕・入滅・悟りを祝う特別な縁起の良い日でした。

ウェサックのお話にはじまり、

ストレスが多い日常生活で、どのように自分の体調や心をコントロールし、整えていくか。

その一つのキーワードが

瞑想。


パーリタ先生が普段から推奨されている、Metta Bhavana(メッタ バハーヴァナー)という瞑想法があります。

サンスクリット語で『優しい瞑想』という意味のこの瞑想は


Loka samasta sukino bhavantu ローカー サマスター スキノ バヴァントゥ


全てのものがしあわせでありますように

と口に出し、そして心の中で唱えながら行う瞑想。


自分を想うことからはじめ、

徐々に大切な人など周りへと意識を広げ

生きとし生けるものが幸せでありますようにと願います。




お腹・胸・鎖骨の下までしっかり肺をつかって呼吸する感覚を保ちながら

自分の喉を震わせてサンスクリット語の祈りを唱え

身体に宿る言葉の振動(バイブレーション)に意識を向けることで

集中が切れにくくなり

雑念を遠ざけながら呼吸と瞑想をより深めやすくなっていきます。





この日皆さんに書いていただいたアンケートには

✐瞑想がどういうものか、初めて体験しました!

✐初めて正しい瞑想のやり方が分かり、良く集中できました。

✐ 一人ではなかなかできないけれど、皆さんと一緒だとやりやすかったです。

✐ 自宅で瞑想をするよりも雑念がわかなかった。呼吸の大切さを教えていただき、より意義のあるものにできそうです。


など、瞑想をしてみて感じたコメントをたくさんいただき、

『優しい瞑想』のやり方がご自身にあっていると思われた方が多かったことが何より嬉しかったです ^ ^




また、アンケートには午前の部(アーユルヴェーダ体質論と、ご自身の体質チェック)に関してもたくさん感想をいただきました。

いくつかご紹介すると

✐先生の話が分かりやすく、実際の生活にすぐ応用できそうです

✐自分の体質がわかって良かった!心身の健康のため、アーユルヴェーダを継続したいです

✐(資料で)体質別のおすすめ食材がピックアップされていてとても良かった

✐生まれ持っての体質(本質)と現在の体質(体調)の違いが理解できました

✐自分の好きな食品が体質的に避けたほうが良いものばかりでちょっとショックでした・・・少しずつ変えていこうと思います

✐先生の脈チェックと体質の話は、これまで何度か受けた中で一番腑に落ちるものでした


・・・などなど、皆さんそれぞれの収穫があったようでした!




アーユルヴェーダは、

感じること

理解すること

実践すること

この繰り返しで心・身・魂がより良く変化していくのを実感することができます。



勉学的な学び、

食や運動などの身体のアプローチ、

瞑想などよりマインド、スピリチュアルな内面のアプローチ。

どの切り口から深めていっても大丈夫です。



でも

身体だけに特化せず

感情だけにとらわれず

概念だけに縛られず。


バランスよく、身体・感覚・精神・魂に注目してケアをして、

忙しくても、大変な時でも、

揺らぎにくく、いつでも心地よい自分に戻ってこられるように整えられるように。


そんなセルフケアのヒントを皆さまが見つけるお手伝いができるように、
これからも学びの場をたくさんご提供してまいります。

一緒に、アーユルヴェーダで健康に、美しく、幸せな毎日を目指しましょう!

 

============

さいごに、リトリート後の集合写真をご紹介!

この日は、スリランカのテロからの復興を願う応援メッセージアクションを兼ねて撮影しました。

~スリランカ応援メッセージプロジェクトって?~

今年の4月に国内各地で起きた国際テロを受けて始まった、スパイスアップスリランカ主催の応援プロジェクトです。

テロのダメージからスリランカの人々の生活、国全体の経済が早く回復することを願って応援メッセージとともに写真を撮り、
#spiceupsrilanka ハッシュタグをつけて投稿することで、スリランカ情報誌『スパイスアップスリランカ』の紙面・ウェブに掲載されるものです。

日本だけでなく、スリランカ国内でも行われているこのプロジェクト。

たくさんの応援メッセージがスリランカの人びとの目に触れて、

落胆の気持ちが少しでも軽くなってくれるように、

日本からもスリランカファンが笑顔で応援しているよ!と伝わるように

気持ちを込めて書きました。

 

今後のカルナカララ主催のイベントでも引き続き応援プロジェクトに参加しますので、賛同いただける方はぜひご参加ください ^ ^

※現在予定しているイベント:
5/25(土)アーユルヴェーダ×セイロンティー コラボイベント@Fusha Tea Lounge 京王多摩川
http://www.karunakarala.com/spa/news/639/

 

6/16(日)スパイスワークショップ@カルナカララ代官山サロン
http://www.karunakarala.com/spa/news/643/


The present writer :セラピスト田中