ABOUT AYURVEDA

アーユルヴェーダについて

アーユルヴェーダは、サンスクリット語の「アーユス(生命)」と
「ヴェーダ(知識、学問、心理)」が合わさった言葉で、
「生命の科学」とも言われ、インド5,000年の歴史を誇る伝承医学です。
日本国内ではまだまだ認知度の低いアーユルヴェーダですが、
世界3大医学の1つとして、また、WHO(世界保健機構)が正式に奨励している代替医療の1つでもあります。

アーユルヴェーダでは、心と身体にある3つの属性のエネルギーをドーシャと呼びます。

ドーシャは、ヴァータ・ピッタ・カパの3つのエネルギーがあり、
この3つの内のいずれかが多い状態になると、
心や身体のバランスが崩れ、調子が悪くなり、病気になるという考え方です。

このドーシャのバランスを整える事が、心身ともに健康な状態を保てると考えられており、
普段の生活や食事、アーユルヴェーダマッサージなどを行い、
バランスを整えるとともに、毒素(アーマ)も排出して、自然な状態に戻りましょう。

カルナカララ × アーユルヴェーダ

数あるサロンの中から、カルナカララをご覧いただきありがとうございます。
私たちは、アーユルヴェーダと言う宇宙からのギフトをベースに、ここで暮らす皆さんが、より〝自分らしく幸せに生きる〟ためのお手伝いができればという気持ちで、オーガニックスパサロン”カルナカララ”を作りました。スリランカの本格的なアーユルヴェーダをそのまま日本に。そして日本人の私達が持つ、繊細な感覚に、カルナカララのエッセンスを加えた内容のメニューをご提供させていただきます。私たちの心と身体と魂が、健全で愛に満たされていることを究極の健康と考え、アーユルヴェーダの精神、美、可能性を少しでも感じ取っていただけるよう心から努めていきたいと考えてます。

The great five sense elements

アーユルヴェーダでは、健康は、心・身体・行動・環境など全体の調和が取れた状態から得られるものと考え、私たち人間を含めた宇宙の万物は、自然界「地」「水」「火」「風」「空」の五大元素から成り、人間は宇宙の縮小である小宇宙とアーユルヴェーダではとらえます。そして人は、空と風の性質をもつヴァータ、火と水の性質をもつピッタ、水と地の性質をもつカパの3つのドーシャをそれぞれ持ち合わせています。(トリ・ドーシャ)人はどれかのドーシャの優勢とバランスの乱れがあり、その傾向がその人の体質と個性を特徴付けます。
ひとりの人間は三つのドーシャを持ち合わせているので、誰にでもすべての感覚が備わっていますが、体質、ドーシャのバランスによってそれぞれの感覚の強さは変わってきます。生まれ持っている感受性に沿って、生活の中の様々なものからも影響を受けます。

vata
VATA ヴァータ

空気と宇宙で構成され、乾いた、明るい、寒い、荒い、微妙な/広がりのある、移動性のある、そしてクリアなものです。したがって、ヴァータは動きの原則として、身体の咀嚼、嚥下、神経インパルス、呼吸、筋肉の動き、思考、蠕動運動、排便、排尿、月経などを規定します。

pitta
pitta ピッタ

ピッタは火と水の質を引き出します。それは、鋭く、浸透していて、熱く、軽く、液体で、移動しており、油状であリます。 ピッタのメインは変換の主体です。火がそれに触れる何かを変えるのと同じように、ピッタは体が何かを変換したり、処理したりするときはいつでも変化します。ピッタは消化、代謝、温度維持、感覚知覚、および理解を支配するものです。

 kappa
Kappa カパ

カパは地球と水で構成され、重く、寒く、鈍い、油性で、滑らかで、緻密で、柔らかく、静的で、液体で、曇っていて、硬く、粗い(緻密で厚いという意味)です。カパは安定性と構造を支配するので、骨格から様々な器官、身体を支える脂肪分子(脂質)まで、人体の物質を形成します。

カルナカララのサービス

oil
ハーバルオイル

スリランカに生い茂る100%天然ハーブで作ったオイルは、内側からも外側からもアプローチ出来る究極の癒し系トリートメントには必須と言われています。 体内に浸透し、老廃物や疲労物質、細胞を老化させる活性酸素を取り除いてくれ、体調の不調は勿論、美容 若返りとまさに万能な効果を発揮するオイルです。 カルナカララでは、スリランカの医師の監修の元、現代人に合わせた調合を行い、究極のハーバルオイルを使用致します。

oil
コンサルテーション

人は3つの体内エネルギーによって体や心は動かされ、支えられているとされています。生を受けた瞬間から、それぞれオンリーワンの体質(個性)を持ち一生変わることはないとされるサンスクリット語で「プラクリティ(本質)」というものと、ドーシャ(エネルギー)のバランスはいつも同じではなく、変化します。 なので、それぞれの体質の特徴を知り体質に応じた食事や生活を送ることが大切です。 自分の体質は何か?と気になる方は是非チェックしてみて下さい。

shirodhara
シロダーラ

人間の第三の目とも言われる第六チャクラの額に、ハーブオイルを垂らし続けることで、 脳が極限のリラックス状態に。 身体、そして心の奥深くまでうっとりするような癒しをもたらします。 ヘッドマッサージも加え、 ひどい疲れやストレスもリセットへ。

Ayurveda2
アヴィヤンガ

アビヤンガはアーユルヴェーダで非常に強く推奨されています。それは、健康な体を維持するのを助けるために日々のルーチンに取り入れることができる最も重要な慣行の一つです。 「アビアンガ」の意味は、身体へのオイルの塗布すると言う意味があります。 皮膚は私たちの体の最大の器官であることを忘れないでください。アーユルヴェーダは手で体をオイルでマッサージをし、手で体に適用される暖かい油の感触は5分足らずで骨髄レベルまで到達し、心と神経系の鎮静を含む身体的にも精神的にも“浄化”を促してくれます。

Steambath
ハーブボール

ハーバルボールトリートメントは、何百年もの間行われたテクニックで、ストレスや疲労を和らげ、健康を改善しながら深いリラクゼーションを提供することが知られています。このトリートメント法は、調合されたハーブおよびスパイスをホット・コンプレッションまたは「パップ剤」の使用により温めていきます。それらの圧縮は、一般的に濡れてから蒸し、優しく身体に浸透させ箇所を軽くしていきます。

Steambath
ダブルアビヤンガ

名前の通り 通常1人で行うアビヤンガを2人のセラピスト4つの手で行うトリートメント。2人の動きがシンクロするととてつもないリラックスとヒーリングになります。

Steambath
スチームバス

ハーブの蒸気を浴びる事で毛穴が開き、ハーブエキスをたっぷりと吸収するので、内臓までしっかりと温まり、乾燥肌や冷えの対策にも用いられます。 蒸気で温めると体内の通路がオープンになるので、大量の汗によるデトックス効果も絶大です。 スチームバス本体は、スリランカ現地にて、アーユルヴェーダでは代表的な素材として知られる、ニームの木から特注で製作された逸品を使用しております。

Steambath
ミルクフェイシャル

このトリートメントは、温かい薬用ミルクがあなたの体の全身に治療的なフルボディマッサージを注ぎ、体 ・心と魂を癒していきます。ストレスを軽減し、皮膚に大きな輝きを与える心のリフレッシャーになります。

Steambath
フェイススチーム

ハーブの蒸気を浴びる事で毛穴が開き、ハーブエキスをたっぷりと吸収するので、内臓までしっかりと温まり、乾燥肌や冷えの対策にも用いられます。 蒸気で温めると体内の通路がオープンになるので、大量の汗によるデトックス効果も絶大です。 スチームバス本体は、スリランカ現地にて、アーユルヴェーダでは代表的な素材として知られる、ニームの木から特注で製作された逸品を使用しております。

Steambath
カティバスティ

ヴァスティとは、内部に、または保持されている場所にとどまることを意味します。 カティは腰を意味し、腰部に与えられたヴァスティはカティヴァスティと呼ばれます。 これは、温かい油が黒色のグラム生地リングに注がれ、痛みまたは不快感の場所に置かれる伝統的なトリートメント法です。オイルの勢いで深くまで筋肉を突き抜け、緊張と硬直を解放します。腰部のすべてを緩和するのに有益です。

Steambath
チャクラ

チャクラとは、誰もが身体の主要部に持っている氣のツボで、生命活動や生活、愛、学び、心をコントロールするために必要なエネルギーが出たり入ったりしながら循環している氣の出入り口です。チャクラのバランスをとりながら行うヒーリングトリートメントです。

Steambath
へナ

日本語では ミソハギ マツクレナイノキ などと呼ばれている木です。ヘナは薬草としての魅力・優しさやパワーは単なるヘアトリートメントや白髪染めという循環をはるかに超えた植物です。白髪染めや トリートメント デトックス 皮膚予防 止血 防腐剤 火傷 など白髪を染めるだけでなく身体に良いものとして、またマインドリラクゼーションとしても伝承的に使われています。

ヘナについて